インプラントは既存する歯への負担が少ない

インプラントは既存する歯への負担が少ない

インプラント治療とはどういったものか

インプラントとは人工的に作られた歯根を意味しています。その人工歯根を埋め込むことで、安定した柱を作り、本物と同じような義歯を作り上げることができるのがインプラント治療になります。

金属アレルギーを持っていても大丈夫

人工歯根と聞くと、金属などで作成されて器具ではないかとイメージする人も少なくありません。金属になると、アレルギーを引き起こしてしまう人も多いですが、インプラント治療では金属アレルギーを起こさない「チタン製」や人工ダイヤモンドなどに使用される「ジルコニア」が使われます。

医療保険適用外のインプラント

アレルギーを引き起こしにくく、本物の歯に限りなく近い義歯としてメリットが多いインプラント治療ですが、注意しなくてはいけない点があります。それは、自由診療による医療保険適用外の治療ということです。

インプラントのメリットを比較してみよう

食事の際に違和感が無い

既存する歯を支えにしたりせず、顎に人工歯根を埋め込み、それを柱に義歯を支えるインプラントは、他の歯と同じ力の加え方をするため、食事の際にも違和感などを覚えることがありません。

既存する歯への負担が少ない

総入れ歯や部分入れ歯になると、義歯に合わせて既存の歯を削る場合があります。しかし、インプラントはあくまでの抜けた歯のスペースを利用して、義歯を作っていくため、他の歯を削るなどの負担がありません。

広告募集中