歯周病は一度かかってしまうと完治しない感染症

歯周病とはどういった病気なのか

高齢者に多いと思われている歯周病ですが、実は日本人の8割が発症しているといわれています。歯周病原細胞と呼ばれる細菌が歯周組織などに感染して炎症を引き起こす病気になります。

歯周病の治療方法を比較してみよう

スケーリング

歯周病原細胞は歯石と呼ばれる歯の表面にできる物質に隠れているといわれています。そのため、歯医者ではスケーラーと呼ばれる器具を使い、その歯石を取り除くことで治療を行います。

プロのクリーニング

歯の表面には様々な細菌が発生しています。また、朝起きた際に歯に粘り気を感じるのは、バイオフィルムと呼ばれる細菌を守る細菌の塊がついているからです。この粘りをプロが使う専用器具でクリーニングすることで、口腔環境を整えます。

歯周病は一度かかってしまうと完治しない感染症

完治しないとされる歯周病

歯周病は残念ながら完治することのない感染症といわれています。そのため、治療が完了してもきちんと歯周病予防を行い、半年に1度といったペースで定期検診をおこなう必要があります。

重度になると手術が必要

歯周病は症状が重くなってしまうと、スケーリングなどでは処置が十分に行えなくなってしまいます。そのため、堺市の歯医者では重度の歯周病には外科的治療も行っています。

歯周病が引き起こしてしまう合併症ランキング

no.1

心筋梗塞

心筋梗塞は心臓に血液を流す血管が狭くなり、塞がってしまうことで血液供給ができなくなる病気です。歯周病原細胞は血液の通り道を狭めるプラークを作る細胞に働きかけるため、動脈硬化を誘導してしまうといわれています。

no.2

脳梗塞

心筋梗塞と同じように脳の血管でプラークが詰まってしまうことで、血液供給ができなくなる病気が脳梗塞です。歯周病を発症している人は、この脳梗塞になる確率が発症していない人に比べて約3倍といわれています。

no.3

誤嚥性肺炎

食べ物などが誤って器官や肺に入ってしまうと引き起こされる誤嚥性肺炎は、食べ物と一緒に飲み込んだ細菌が原因といわれています。

広告募集中